読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていくことそれは愛。

ばっかじゃないの、愚か者ね。

クラシック音楽

和声のレッスンを終えて帰宅しています。

情熱的な先生で、音楽業界に強い危機感を持った方。日本の未来にも。

 

私はここ半年以上クラシック音楽から距離をとっていて、そのことを明言している。音楽を専攻する学生で、クラシック音楽を重んじる大学にいながら。特に民族音楽にはまってしまったわけでもなく。

クラシック音楽を取り巻く環境が嫌い。クラシック音楽を奏でる人間が嫌い。

音楽は好きです。生活の一部で私の一部です。私はクラシック音楽で育ちました。それなのにクラシック音楽と接したくないと思ってしまったから、ずっとずっと私の音楽は何だろうって考えています。でも、悔しいことにそれはクラシック音楽西洋音楽に他ならないことに気づきます。

何が嫌いって

ハイカルチャーぶってるところ

・死んだ音楽であること、伝統音楽であること

・子どもが初めて出会う音楽がクラシック音楽の枠に縛られてしまうこと

・それによって消費する音楽ではなく聴く音楽を考えることとクラシック音楽文化の発展が混同されがちなこと

まあ言い出すときりがないんですけど。

かといってロックとかポップスが好きなわけでもなく・・・推したいと思わない。

 

で、私がしたいこと、それは音楽教育を変えること。具体的には音楽教育で作曲界を変えること。私の音楽を見つけてほしい。あなたの音楽を見つけてほしい。あなたに音楽を紡いでほしい。あなたの美しいを見つけてほしい。自己表現の一つとして身につけてほしい。愛おしい音楽を見つけてほしい。

 

そういうところで先生とは意気投合する。