読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていくことそれは愛。

ばっかじゃないの、愚か者ね。

性別

どうして男に生まれなかったんだろうって思うことはないけれど、

私は男に生まれた方が生きやすかった。

大好きだった彼に日本は生きにくいでしょうと言われたことをぼんやりと思い出す。

 

女は無条件に肉体的に弱い。何かされたら抵抗できない。

もちろん女だからと甘えさせてもらったこともたくさんあったんだけども。

 

だから、冒険しにくい気がする。

それとも、また一つ言い訳を見つけただけなのかな。

 

 

私が男に生まれたなら・・・

皮肉ではなく、言い訳ではなく、

男に生を授かっていたらと考えてみる・・・

 

本当に偶然だったのだと、何事も偶然だったのだと、私は思った。そう思う。